仮面ライダーフィフティーン ウィザードアームズ ( 特撮 )

仮面ライダーフィフティーン

 ウィザードアームズ

,

ウィザードの力を宿した派生形態で、フレイムスタイルの頭部が変形し、両目に当たるブロックが両肩に移動しています。

 

設定上、このフィフティーンは平成ライダーすべてに変身できるらしく、ということは、いったい何種類のフォームがあるのか……。

 

さて、これまでに東映が制作してきた仮面ライダーの「VSシリーズ」では、「対」「VS」と表記していながらも、戦いに決着を付けることはありませんでした。

 

が、本作品の「平成ライダー昭和ライダー仮面ライダー大戦」では、明確に平成ライダー昭和ライダーの勝敗の結末が描かれています。

 

こうした業界的な分け方は、仮面ライダーシリーズの歴史に詳しくなければ、理解しづらいですよね。

 

そこで細かな説明をせず、昭和・平成の区別を映画の観客に納得してもらうために考案されたのが、投票です。

 

票を投じる過程で、観客は自らの中に「平成ライダー」「昭和ライダー」というカテゴリを作り上げる事になるのですね。

 

投票を行う以上、結果を出さなくてはなりません。

 

表向きは、どちらかのライダーを勝たせるための票という体裁が取られました。

 

投票の結果、平成ライダーが138万7041票、昭和ライダーが138万6281票となり、760票という僅差で平成ライダーの勝利バージョンが上映される事になりました。

 

上映されなかった昭和ライダー勝利バージョンは、Blu-ray/DVDにマルチエンディングとして収録されていますよ。

 

神敬介/仮面ライダーXを演じた速水亮は、スカイライダーへのゲスト出演以来、33年ぶりの変身になるそうですよ。