804、声に出しづらい領域のエロい話

最初に警告しておくが、

これはあくまでも大真面目な話であるが、

それと同時にひどく非道徳的な話でもある。

我慢していた糞や尿を一気に出したときの快感なんて、

普通の人はわざわざ話題にしないが、

それでも我慢と開放という快感は確かに存在するように。

これは声に出さないだけという話題であるため、

あえて声に出すことは、それ自体が非常識で不道徳である。

それを承知であえて書くのだから、

冷静でない人にはお戻りいただきたい。

決して嫌悪感を催すレベルのエログロ系の表現や資料を用いるわけではないが、

道徳心や良識といったものをあえて除去した話ではある。

またこれは、男性側から女性側を容赦なく評価する類の話ではあるが、

ただ批判否定するだけではなく、

なぜそうなるのか、どうすれば回避できるのか、といった部分にこそ主眼を置くものである。

意味としゅべセックスに対して誠実な女性には、そこそこ役立つ話かもしれない。

しばし閲覧回避用に無駄な改行を挟む。

さて本題だ。

さっそくだが、あなたはどちらの女体がイイだろうか?

男性ならヤる相手、女性なら自分がなりたいほうを選んでほしい。

僕は断然左だ。右がいいという人とは、恐らく以下の感覚は共有できない。

じゃあなんで左がいいのか?

ここには色と理屈をこねることができるというだけで、

実際にはもっと暴力的で原始的な欲求が隠れている。

少なくとも科学的に実証されており、僕自身もそれを否定することはできない。

あえて声に出すならば、でしかないが。

では、なぜそんなことをわざわざ喋るのか?

何も知らないなら覚悟のきめようもなければ、理解のしようもないし、受け入れようもないからだ。

何の知識もなく黒人を見た子供は、なぜ肌の色が違うのか理解できないだろう。

何の知識もなく死体を見た子供は、それが同じ人間であるとは思えないだろう。

それと同じ話で、何も知らなければ、どうとも思いようがなく、感情的に備えることができない。

ここで語るべきことは、理屈と感情の中間にある、意志や価値観として発露すべきものでしかない。

善悪や是非ではなく、有無と真贋の問題でしかない。

まあ、理屈はそのへんにしておこう。

んで、じゃあなんで左のほうがいいのか?

簡単に言うと、運動してない女の膣はユルいからだ。デブは推定的に膣がユルくて、イケない。

僕が自分のチンコで膣の具合を知っている範囲で、

かつデータ群に入れていいと許可をもらっている女性の数は100どころではないが、

基礎筋力が低く運動習慣のない女は、膣がユルい。それはもう同じ女性器とは思えないほどに違う。

お前のチンコが小さいだけじゃないのかという人は、ビールその他の500ml缶を想像してくれ。

僕のチンコはあれをちょっと細くして、ちょっと長くしたくらいのサイズである。

小さいと言われたことは一度もないので悪しからず。

とはいえ経産婦の膣がユルいのは仕方ないし、

それゆえに二人目が欲しい奥様は膣トレを必死にやることもある。

それを教えてきた側の人種であるからこそ、膣のユルさについては余人よりもよく知っているつもりだ。

要するに、膣は筋肉を使って締めることができる。

慣れないと辛い芸当ではあるが、逆に慣れてさえしまえば経血の出方をも制御できるようになる。

そして若さを筆頭に基礎筋力というものは、膣の締まりに大きく影響する。

総じて男が若い女や小柄な(低身長の)女とヤりたがる理由のひとつがそこにある。

小柄な女は相対的に膣も狭いし、若い女はそれだけで膣の締まりや濡れがいいからだ。

要するに、チンコを入れたときの気持ちよさが違う。

もっと暴力的な部分の本音を言うと、

狭い膣にデカいチンコをねじ込んで、柔らかく滑った肉を割って入るあの感触は、

射精とはまた違った快感と満足感、征服欲や支配欲というものを満たしてくれる。

あの感覚はチンコがないと絶対にわからんだろうな

手首をつかんでグーパーグーパーと握るのを繰り返すと、

膣内でチンコが射精している感覚に近い、という話を聞いたことはあるが、この感覚は表現のしようがない。

少なくとも僕はチンコサイズの問題もあって、入れるときに膣口が裂けそうな相手と何度も交わってきた経験上、

入らなさそうな相手には必ず気遣うし、無理に腰を使うこともしたことはないが、

やはりそうやって気遣う限り、いまいち集中できずにイケないというのが実情だ。

それでもやはり、小柄で、細身で、筋肉質な女と交わるときは、

チンコのみなぎり方が全く違う。

少なくとも膣が締まったときの心地よさでは比較のしようもない。

なもので、僕は女性に膣トレを奨励している。

手や口や舌を使った奉仕技術がウマくなることはブスの最大の武器ではあるが、

膣トレを欠いてしまえば、ただのセフレ止まりになってしまいかねない。

手と口と舌と膣がうまく使えるなら、それだけで女の価値は大幅に上昇する。

筋トレ、膣トレ、柔軟運動。

腹筋、スクワット、背筋、懸垂、腕立てをすることで、

全身を引き締めつつ、実は筋肉がつくと抱き心地もよくなる。

筋肉の上に脂肪を乗せた女体の弾力がコンニャク程度なら、

脂肪まみれな女体の弾力は玉子豆腐みたいなもんである。

それくらい抱き心地が違う。

やったことがあればわかると思うが、子供、若者、デブ、筋肉質、老人と抱きしめてみて、

一番抱き心地がいいのは子供で、一番抱き心地が悪いのは老人である。

そして筋肉質若者デブとくる。若さと筋肉は正義なのだと、簡単に体でわかる。

あと、若いと肌の弾力が違うよね。びっくりするくらい違う。

時効になった範囲の話をすれば、

10代の手コキと30代の手コキでは明確な違いがある。

10代と20代ですら差を感じることがあるのだから、若さは武器であるといえる。

もちろん皮膚にこすりつけて射精するためにローションなり何なりを使うとしても、

若い子のほうが気持ちがいい。ちゃんとチンコを押し返してくれる弾力がある。

こればっかりは日頃から水分をちゃんと摂取する以外の代替策はないね、男女ともに。

それと同様に、濡れに関しても総じて若いほうがいいよね

まあ、女の場合は血液の一部が出てきているようなもんなので、

ちゃんと水分や鉄分やビタミンやアミノ酸などを日常的に摂ってないと濡れも悪くなるよっていうね。

男のソレと違ってある程度までは意識してコントロールできるものでもあるから、

フェラしてる間に自分で濡らしておけという無茶な注文も、実際にやれないわけじゃない。

少なくとも僕は何度か、舐めてるだけで濡れきっている女性と交わったことがある。

とはいえ女の場合、感度と濡れやすさ、およびイケるイケないには個人差があるので、

僕は無茶な注文をしたことはないはずだ。

いうまでもないけど、マン汁の味もだいぶ違う。

不健康で運動してない女のマン汁はマズいし、健康的でよく運動してる女のマン汁はマズくない。

やはり総合的にみて、若い子のほうが舐めて不快感が薄い。もちろん臭いも同じ傾向である。

ワキガや汗臭さってのも結局は健康とストレスの問題だから、

日常的に汗をかいてストレスを発散しておけば、そんなに気にならなくなる。

マンコを舐めてほしいと思うなら、まず血液レベルで健康を考えて生活しようぜっていう話である。

僕がそういったことを考えながらキスしてセックスしてるってのは、

女性に対して直接言ったことはあまりないが、

キスしたときの唾液の味や臭いからでも、わかることはわかるんだぜっていう。

もちろんセックスしてる最中にかく汗もマン汁も、味や臭いで色わかる。

全部列挙できないのは、僕の中にある感覚が基準だからでしかないんだがよ。

的中率?まあ50以上だ、とだけはいっておくよ。実際そんな低くないってのはわかるだろうけどね。

とまあ総合的に、若い女の膣はいい、なぜ小柄な女がいいのか、っていう話になっていくし、

一番強く言いたいのは、

小さな膣に大きなチンコをねじ込む感覚が最高にたまらない、という暴力的な本音の部分である。

ロリコン云って理屈は十分に理解しているし、犯罪に走るつもりも毛頭ないが、

それでもある程度育ったのなら、と思わないこともない。

理論上初潮がきたであろう程度の女に欲情できなければ、人類が滅亡しかねないわけだしな。

それでもただ細ければいい、ただ小さければいいというものでもなく、

やはりある程度女らしく脂肪ものっていなければ、

膣の弾力とは違った、なんだろう?フンワリ感とでもいうのかな?

膣の柔らかさというか、包み込むような感じというかは、ある程度皮下脂肪がなければダメだとは思う。

それでも、あくまでも体温を生み出すのは筋肉である以上、

筋肉がない女は抱いても弾力がないし締まりも悪いし、だいたい濡れも悪いし性欲も薄い気がする。

結局のところ、運動して健康に気遣って膣トレして、

フェラと手コキの技術向上に積極的であってくれれば、

こちらとしてはあまり言うことがないわけだ。

たまに黒タイツとかパンツとかブラとか靴とか、

まあそういったフェチっぽいアイテムを汚させてくれれば文句はない。

ヘタレゆえに顔にぶっかけたことがない(だってイヤでしょ?と思ってしまう)もんで、

実際には言うほどベタベタに汚してきたわけではないが

え?出した精液を平然と飲ませているほうがよほど鬼畜だって?

まあ、飲んでくれると嬉しいよね。どれだけマズいかは実際に飲んだことがあるから知ってるけど。

僕は常時公言するレベルでフェラ大好き人間なので、出したらだいたい飲んでもらっているのだが。

なんでぶっかけたいのか?マーキングってのとはちょっと違うかな。

それこそ膣にナマでたっぷり出すほうがよほどマーキング効果があるわけだし。

自分のものだからどうしようが勝手だろ、という感情のほうが強いかもしれない。

あとはまあ、そんなアホなことにも付き合って許してくれるのが単純に嬉しい。

自分のアホさをわかってくれて、仕方ないと文句を言いつつも笑って許してくれる。

うん、素晴らしいことだな、それは。

え?興味半分でウンコとションベンまでは口に入れてみたりしないの?

僕は探求のためにどちらも子供のうちに済ませておいたんだけどな。

もちろん事前にきっちり健康管理をしたけどさ。そして二度とやろうとは思わない。

基本的にそういう神経を持って生まれたもんで、

ここまでに喋ったことには、あまり他意がない。

ようは、小さい膣にチンコをねじ込むあの感覚はいいもんだよね、という話。

決して困らせたいわけじゃないけど、困ってる顔は最高にかわいいとも思う。

無理に無理を重ねてまで性欲を殺していた若い頃にはなかった感覚が、

徐に復活しているというべきなのかな

いやね、一応書いておくけど、それがひどいことだとか、無理を強いていることだってのはわかってるのよ?

わかってるから極力やらない。でもやりたい。やってみたい。それを許して受け入れてほしい。

セックスってお互いにそういうもんじゃなかろうかねえ?

とりあえず、僕がバカな女を嫌う理由の一つに、

賢い女は運動をしている割合が上がるから膣の具合もいいし、

フェラや手コキの覚えもいいから、という裏の理由があることも添えておく。

無論、脚が美しい脚の筋肉が発達してる女の膣は、総じてとても具合がいい。

女は脳と脚だというのは美醜や理性、知能の問題だけではないのだ。