「画像を選ぶだけ」で3億円の売上 虚偽ビジネスの実態に「騙されるほうも問題」の声

「画像を選ぶだけ」で3億円の売上 虚偽ビジネスの実態に「騙されるほうも問題」の声

2018/9/12 15:30 しらべぇ

11日、消費者庁は「写真を選ぶだけで簡単にお金が稼げます」などとうたって情報商材を販売していた業者について、注意するよう呼び掛けた。

悪質な情報商材ビジネスと、それに引っかかる人が少なからずいる現実に、ネット上ではさまざまな声が出ている。

■「数秒の作業で100万円稼げます」は嘘

問題となっているのは、東京にある株式会社「ferix」。同社は、独自のシステムを使って動物や風景などの画像を選び、動画に転換してウェブ上に投稿する「かんたん選択ビジネス」を5千円から1万2千円で販売していた。

しかし、これは虚偽の宣伝で、各地の消費者センターには「たった数秒の作業で10万円、20万円、100万円稼げますと言われていたのに、全く稼げない」などの被害相談が相次いでいたという。

これを受け、「ferix」は消費者庁に対し、実態のないビジネスであることを認めた上、昨年11月〜今年7月に約2500人に販売し、約3億円の売り上げがあったと説明したそうだ。

■怒りの声

8万円から150万円の高額のコースもあったという今回の案件。悪質なビジネスの実態に、ネット上では怒りの声が相次いでいる。

・酷い会社だな

・こうやって金を儲けて楽しいのかね?

・人間のクズだな

■「騙されるほうも問題」の声も

一方、ツイッター上では「騙されるほうも騙されるほう」という声も少なくない。

・こういうのって、騙すほうも騙すほうだけれど騙されるほうも騙されるほう

・そんなウマい話ないよ

・カモをあぶり出す作戦なんだろうな。で、引っかかったやつのリストが転売されると

・いや〜なぜ稼げるか理屈がわかんないままこういうのに手をだすからだって。売る方も悪いけど金出す方も悪いってまじで

■3割が「騙されるほうにも責任」

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の1363名を対象に行なった調査では、「オレオレ詐欺やカード詐取詐欺は騙されるほうにも責任があると思う」と答えた人は全体の31.9%。3分の1が該当した。

詐欺グラフ

(?ニュースサイトしらべぇ)

今回のものはいわゆる「情報商材」であり、業者側が詐欺罪で訴えられるか今後の警察の動き次第だが…最近手口がやたらと複雑になってきている「オレオレ詐欺」と比較すれば、比較的古典的な商材だったとも言える。

そう考えると、「騙されるほうにも責任がある」と捉えられても仕方ないかもしれない。

画像を選んだり、動画に変換するだけでお金が儲かるのであれば、当たり前だがみんなすでに実行している。真面目に働いて稼ぐのが一番確実な方法なのだと、改めて意識していきたい。

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2018年8月31日〜2018年9月3日

対象:全国の20〜60代男女計1363名(有効回答数)

【関連記事】

坂上忍吉澤ひとみ容疑者に気遣い 歯切…

キムタクとマツコの餃子の食べ方がヤバす…

浜崎あゆみの「半端ない」どアップ写真 …

高校生になっても親からブラジャーを与え…

坂上忍吉澤ひとみ容疑者に気遣い 歯切…

最終更新日

2018/9/12 16:05

しらべぇ

このネタ読んでどう思う?

1

1

このネタへのコメント

0件並び替え

コメントを書く

自分の書いたコメント